FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ファーストビューにこだわる必要性は低下する?(場合によってだけど)】

ウェブデザインでよく言われてる「ファーストビュー(最初にジャンプした時デザインや情報がどのくらいまで見えるか)」に関する話題。重要な情報はこのファーストビューに入るべき、またはファーストビューに入る要素を大切にしていく、、、みたいなことに関する話題。

●「ユーザーはスクロールしない」はウソ、”Above the fold”より下を見せる3つのサイトデザインTIPS | 海外SEO情報ブログ・メルマガ


海外ではAbove the fold(アバブ・ザ・フォールド)というのですね~~。
また、デザインによって、ファーストビュー(Above the fold)の神話が必ずしも正しいものではないとのこと。
たしかに、このヒートマップ、デザイン要素の解析を見ると、「そうだよなあ」と感じますね。

そしてスクロールを促進するための心得として

1. 少なきはより多くを伝える
ホワイトスペースや空白、画像でうまく促進できるみたい。(ファーストビューエリアに詰め込みすぎると×)

2. くっきりした水平線はスクロールの妨げになる
横幅いっぱいの線(hrみたいな)で区切ったりすると、スクロールしにくい心理になる感じ。また、下に有るコンテンツのちら見せは結構いい感じらしい。

3. スクロールバーの使用を避ける
ページ内スクロール(iframeとか使ったコンテンツで)は通常のスクロール行為を妨げる。

たのことでした。

たしかに、ファーストビューの終わりの部分でうまく下に有るコンテンツをちら見せしてスクロール促進とか、「確かにそうかも!」
といろいろ考えさせられました(^^


自分としては何でもかんでもファーストビュー!というのもおかしいんじゃないの?と思ってるので、ここで見られるサンプルなどのようにちら見せ、横線の禁止など、うまく要素を利用して下の方まで読ませるさいとをつくっていきたいなー。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DancingCloud

Author:DancingCloud
長野県在住
WEBデザイナー/絵描き/グラフィックデザイナー

好きなもの
フットサル、スボルメ,デスポルチ,マイター,アスレタ,デッサン、モレスキン(モールスキン),XHTML、CSS、レイアウト、デザイン、Flashコンテンツ、スッテッドラー社の鉛筆、ターナー社のアクリルガッシュ、LOMO社のLC-A、LUBITEL166B、SIGMA社のSD10、梨木香歩作品、門倉直人作品、J.R.Rトールキン作品、天沢退二郎作品、カタンの開拓者たち、6ニムト、Ra、ブロックス、散歩、自転車(トーキョーバイク)そして佐久市望月にあるYUSHICAFE(ユーシカフェ)(以下結構たくさんあるので、少しづつ更新予定。)

グリムス(gremz)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ご来訪、感謝です。
QRコード
QR
ユーザータグ

アクセス解析
blogram参加中です。
blogram参加中。ブログ持ってる人はより楽しめそう!
blogram投票ボタン
グーバーウォーク
blogram ブログパーツ。エントリーの内容によって変化♪
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Google+1
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。